--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-03

新作情報 "Trans-Siberian"

接着剤のことを「ジェームズ」と呼んで喜んでいる阿呆な職場からこんにちは。日曜出勤中の蛹原です。
さっきIMDbをのぞいたら、またクレッチマン氏の新作情報が載ってました。
シベリア横断鉄道で旅行中のアメリカ人夫婦が殺人事件に巻き込まれるという、懐かしの列車サスペンスみたいな話だそうです。…まさかとは思うけど、『シベリア超特急』のリメイクじゃないよね?
主役(?)の夫婦はサマンサ・モートンとウディ・ハレルソンなので、我らがトーマスがどんな役かは分かりません。他にベン・キングスレー御大もいらっしゃいます。

それにしても、また寒冷地要員ですね。
本当に「T.クレッチマンの耐寒映画ランキング」が出来そうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

蛹原さん こんばんは
お風邪はもう大丈夫でしょうか。
寒さも増してきましたので、どうぞお大事になさってください。
>接着剤
笑。楽しそうな職場ですね~

トーマス新作情報どうも有難うございます。
これだけの俳優出演なら、日本公開も期待できそうですね。
トーマスが普通の乗客その1や、普通のサンドイッチ売りの(そういう人がいるのか不明)に今更なるとは思えないので(・・あやしいですが)、なんの役だか楽しみですね。

そうそう、キングコングやヒトラー購入されたんですね。
キングコングのポストカード。
船長とコングがあるとは思っていませんでしたが、なんと完全に人間の男性排除とは・・ある種の清々しさ感じます。

kaedeさん、いらっしゃいませ~(^^)
風邪はもう大丈夫です。お気遣いありがとうございます<(__)>
>新作
ここだけの話ですが、私はキャスト表を見た瞬間に「犯人?」と思ってしまいました(もちろん、そんな情報はありません ^^;)
でもどんな役でしょうね~。個人的には車掌さんの制服とか見てみたいですが(笑)
>コングDEE版
さっき特典を観終わりました(本編はこれから)。
これはいいですよ! 船長の出番も、期待していなかったせいかもしれないけど(おい)結構多い!
とくに未公開シーンは、ポスカとは逆に人間ドラマ中心で、凄く良いです(それが未公開ということは、やはり人間男性はお呼びでなかったということかもしれませんが;;)。一両日中にちゃんとした感想書きますね。

そういえば、こんなところで何ですが、ご指摘いただいた「トータル・リアリティ」のキャラ解説、遅くなっててすみません。一応観直してから書こうと思ったのですが、今利用しているビデオ屋さんに在庫がなかったので取り寄せてもらったら、意外に時間がかかってしまいまして…。でも、観直してもやっぱり掴めないキャラでした(^^;)

蛹原さん またお邪魔します。
トーマスは車掌制服、さぞ似合うでしょうね。私も観て見たいです!!
あとコックとかギャルソンの格好, パイロットもいいなぁと・・オヤ、列車から遠く離れてきてますね。この辺にしておきます^_^;

>コング
>船長の出番

多いのですか!
後半で実は船長がNY観光していた、なんてことはなさそうですから、前半の船の中で何か騒動が起こるのでしょうかね。
いつかお話伺えるのを、楽しみにしています♪

>「トータル・リアリティ」

わざわざお取り寄せまで・・なんだかすみません。
蛹原さんでも掴めないキャラとは、ある意味すごいキャラですね。
これは自分が分かるわけないと、とても安心してしまいました(笑)。
中古で手に入れたのでまた観てみたのですが、ロングコート等に嬉しがりつつ、一体どこまで深読みするべきキャラなのか(それとも浅いのか!?)とウーンと唸っているうちに終わってしまいました。

kaedeさん、こんばんは(^^)
コックは見てみたい! 似合いそー
トーマスは制服っぽいものが妙に似合いますよね~
>NY観光
内心ちょっと期待していたんですが、これはやはりありませんでした(^^;)
見届けに来るかなーと思っていたのですが、よく考えたら劇場のドレスコードに引っかかりそうですね,船長(笑)
>「トータル・リアリティ」
先ほど追加しました。
観直したわりにはこの程度か~という感じですが(^^;)
直感的には悪っぽい(というか善ではない)んですが、ほんとに考えるほど解らないキャラですね…;;
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。