--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-08-08

雷光戦士デュカリオン!

という雰囲気のパッケージですが、抱いているのは誰ですか。嫁ですか。
そんなわけで『デュカリオン』、ひととおり観賞しました。
…とりあえず製作側の皆さん、はなから話を終わらせる気がなかったのなら、責任持って続編を作ってください。
いやあ、某H誌DVD評に「尻切れとんぼ」とあったので、ある程度は予想していたんですが、尻切れどころか、やっとプロローグが終わったところですよ。連ドラの第一回スペシャルですよ。一時期巷に蔓延した、原作の読者でないと話がわからない劇場用長篇アニメのようですよ。
つうか、これからが面白そうじゃないか、この話。

そんな遺憾を込めつつ、以下ネタバレ感想。
とにかくトーマス演じるヘリオス博士の、このヒトデナシの背開き野郎、どんな凄惨な最期でも遂げやがれ(←賛辞)という、すがすがしいほどのヴィランぶりが素晴らしい。とにかく悪い。そしてエロい。おまけにキ○ガイ。
〈作品〉達に対する「うまくいってる間は大事にするけど、いったん見切りをつけると徹底して冷淡」という態度が、いかにも実験動物に対する科学者のスタンスです。なんだよサンマの開きみたいな背中しやがって(関係ないだろう)。
博士と嫁の、庶民が想像する上流階級を地で行くようなライフスタイルも、いけ好かなくていっそ心地良い。これがメジャー作品であってごらんなさい、きっと世界各地でコントのネタに。

ここまでやってくれると、このキ○ガイ博士が、デュカリオンをはじめとする〈作品〉達にどのように逆襲され滅んでいくかを見届けなければ気が済まないではないですか(泣)。

作品自体も終わってないので何とも言えませんが、かなり好みの雰囲気です。
水の中で回り続けるツケマツゲとか、廃屋寸前の部屋に吊るされたカミソリとか、積み重なる冷蔵庫とか、ふつうのタッパーに入ってる心臓とか、〈作品〉が死ぬ時に目玉が人形みたいにクルッと回るとか、細かいディテールが妙に印象的。
内臓を抉るとかいう話は苦手なんですが、映像が上品なのでそんなに気にならなかった。
そして特筆すべきは、M.マドセンの妊娠。
これには、作品世界を、並みいるフランケンシュタイン物からはみ出させるインパクトがありました。やっぱりヘリオスの孫ってことになるのかな、あれ。

そういえば、デュカリオンの顔はそんなにボコボコじゃなかったですね。
以前何かの洋雑誌で見かけた写真は、もっと傷跡が凸凹に見えたんですが…この程度じゃ見世物にはならないと思うぞ、JOYシアターのおばちゃん。
つうか、ひょっとすると〈作品〉一の美人さんは彼ではないだろうか。他の能力も一番高そうだし(ならハ-カーの一件、さっさと出ればいいじゃないかと思わなくもないが、あそこでなかなか出て行かなかったのは「カーソンに捕まりたい」という唯一の希望を、兄として叶えてやりたかったに違いない)。
するとあれですか、博士の〈作品〉大量生産による世界乗っ取り計画って、どうしても処女作を超えられないクリエイターの、数打ちゃ当たる式ヤケッパチみたいなもんですか。「彼を作った時の手応えが忘れられない」みたいな(このへん描かれてないのでどうとでも言える)。

勝手な想像ついでにパッケージの話に戻りますが、あの抱かれている女性はやっぱりヘリオス嫁でしょうかね。
これからデュカ兄のパートナーになるのはカーソンちゃんですが、彼女はおとなしく抱っこされるタマとは思えない。
それにリニューアルされてちょっと我の強くなった嫁は、博士の電話を聞いてたりして何か企んでそうだし。
もし続編があってパッケージのような展開になるのなら、とりあえず嫁のデュカ兄に対する呼称は「兄さま」であるべきだと、萌え大国ニッポンの国民として主張しつつ、この記事を閉じたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。