--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-04

虫を好く話

熊田千佳慕展に行ってきました。
最終日なのでどうかなーと思いましたが、規模もメジャー度も程々のせいか、落ち着いて観られる程度の混雑で良かった(やはり最終日に行った『若冲と江戸絵画展』キツかった…)。
あっちこっちで「かわい~!」の声が上がる、なごやかな展覧会でした。

私はもともと虫好きですが、“プチ・ファーブル”熊田氏の描く虫たちは、余程お嫌いな人でない限り、可愛く見えるのではないかと思います。
といってもデフォルメしたりキャラクター化しているわけではなく、ひたすら図鑑的精密さで描かれているのですが、どこぞのCGアニメよりずーっと愛くるしい。一瞬の仕草や、複眼の光具合で笑っているように見せる表現などは、安易な擬人化では到底描けない豊かな「表情」です。
『みつばちマーヤ』の絵本ですら虫そのものはあくまでもリアルに描かれていて、だからこそ、それがリボンや帽子を着けたり、槍や剣や赤十字旗(!)を掲げて外敵と戦ったりするのが、妙に可愛くユーモラスでもあるのです。

展覧会は終わってしまいましたが絵本や画集はたくさん出ているので「虫嫌いを克服したい」という人には是非ともお薦めしたい。
もっともそんな願望の持ち主には、いまだかつて一度も会ったことないのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。