--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-29

好きなものは7割方タネムラ先生に教わった

今日(8月29日)は、敬愛してやまない“怪人タネラムネラ”こと種村季弘氏の2回目の命日でした。といっても、この二年間ポツポツと遺稿が出版されたり単行本が文庫化したり絶版本が復刊したりしていたせいか、いまだに実感が湧かないなあ(まあ、著書でしか知らないので、実感なんて一生湧きゃしないのかもしれませんが)。
私にとって、本と映画と美術と路地裏散策、そして魔法怪物詐欺贋作等、胡散くさくも魅力的なあらゆるものの師匠であります。
伊藤若冲もキング・コングも、タネムラさんが評していなかったら、さほど真剣に観ることはなかったでしょう。(前者は美術評論集『断片からの世界』、後者は映画評論集『楽しき没落』に収録。)

初めて「定価より高い古本」というものを買ったのも、この方のおかげです。
私がハマった頃には著書の多くが絶版状態だったので、古本屋を回るしかありませんでした(ネットショップ等という便利なものは、まだ普及してなかった)。
やっと見つけた定価の倍の文庫本3冊をレジに出すと「中身をご確認ください」と言われ、どこをチェックすればいいのかわからず動揺しながら、とりあえずページが飛んでいないか確認した覚えがあります。そのうちの一冊は最近復刊しましたが、良い思い出だとも。(ちなみに復刊したのはこちらの『食物漫遊記』。この本に収録されている「天どん物語」という一文は、読んでいて底冷えのした唯一の食べ物エッセイです)。
以来、古書漁りが趣味になり、それは今でも続いています。

タネムラ先生に会わなかったら、お金も時間も全く違う使い方をしていただろうな。感謝してもしきれないけれど、恨んでも恨みきれない人とも言えるかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。