--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-12

メイキング・オブ・博士と嫁

連休明けの忙しさですっかり報告が遅くなってしまいましたが、皆さん、“Frankenstein(邦題デュカリオン)”US版DVDは買いですよ。
約30分の特典映像では、とにかくクレッチマンがというかヴィクター&エリカ・ヘリオス夫妻が、異様なまでに贔屓されています。

キャラクターとキャストに関する話題はほとんどこの二人に集中。
原題ではいわばタイトルロールなので当たり前っちゃあ当たり前ですが、どうも製作側は、この二人のパートをいかに描くかで作品の成否が決まると確信していたようです(結果的に打ち切り同然の終わり方をした以上、その方針は間違っていたのではないかという疑いは、このさい追求しない)。

メイキングも、ヘリオス邸と研究室周辺が半分近くを占めるので、必然的に彼らの撮影風景が多く、嫁を手に掛けるシーンの打ち合わせをするトーマスとか、神父を手に掛けるシーンの打ち合わせをするトーマスとか、背中の特殊メイクをしてもらっているトーマス(下は派手パン)とか、そのまま屋外をうろついている不審者トーマスとかが続々と見られます。

あと、TVムービーにしてはやけに映像や美術が凝っているなーと思っていたら、案の定、その辺にも相当なこだわりがあったようで。
ヘリオス邸の調度は本当にお金がかかっていそうだし、ハーカーの××の××は、かなり精密な×××の形に作られていました(ネタバレにつき伏せ字)。
それでスポンサーが降りて打ち切…いや追求すまい。

あと気になって仕方がないのが、嫁(役のイワナ・ミルセヴィッチ)のインタビュー時の衣装が、どう見ても着物だったことです(本編のラストで着ていたのもキモノ風のガウンでしたが、それとは違うものでした。ちなみに柄は某極東島国皇家の家紋に似ている)。
カットシーンで着ていたのでしょうか。コスプレでしょうか。たしかに博士、嫌いじゃなさそうです。
ただし左前。奥様、それは死人の着方です。
…いやしかし、死人には違いないんだから、それが正しい着方といえなくもないわけですね。
博「…それ(左前)は、私の研究に対する当て付けか?」
嫁「ご、ごめんなさいヴィクター(怯)」
とかいうカットシーンがあったら泣くなあ(ないない)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ななあなんと!

そんなにオイシイんですか!!30分程度じゃトーマス3分だなw
とかヤマはずれましたYo!!!!
なんで打ち切りになっちゃったんでしょう・・・・・・・・ビデオだけでもいいから作って欲しいものです。
原題はフランケンシュタインでしたっけね。そういえばトーマスが主役の原題だw

untaさん、いらっさいませ~(^^)
いやあ、半ば博打で買ったんですが、ほんとにオイシイ内容でびっくりしました。デュカりん&刑事さん連合が、すっかり霞んでしまっていますよ。日本版では嫁の名前すらよく解らないというのに(笑)
>打ち切り
せめて一度くらい父子直接対決を見せてほしいですよね~;;
なんか噂では原作者が降板してしまったのが一番の原因とかなんとか…博士と嫁重視路線が気に入らなかったんだとしたら複雑ですね(^^;)

蛹原さん こんばんは
お待ちしてました~
特典の詳しいご報告、どうも有難うございます!!!
わぁ~☆
なんとなんと、博士夫妻がそんなに特典を占拠しているんですね!
(本編で世界征服への道を歩めなかった代わりに・・)
メイキングのトーマス、どれもこれも観たい姿ばかりです。
>着物
蛹原さんのつっこみ、お見事です! 
博士と嫁の会話にも、受けてしまいました。

パッケージの違いについても有難うございます。
以前、過去ログで蛹原さんの『デュカリオン』感想拝見した時、私だけが表紙の女性が誰だかさーーっぱり分からなかったわけではなかったんだと、ホッとしたんですよ~(^^)
米版のこれ・・ですよね!?
www.amazon.com/gp/product/B000A6T1YA/qid=1147518263/sr=1-2/ref=sr_1_2/104-1493332-0840756?s=dvd&v=glance&n=130
そういえば、アマゾンUS。
『スターリングラード』パッケージ変え(人が霞んでます。多分他も、中身か何か変化あるんでしょう)5月末発売予定みたいですね。 
www.amazon.com/gp/product/B000F48DCS/qid=1147488697/sr=1-2/ref=sr_1_2/104-1493332-0840756?s=dvd&v=glance&n=130
これ、未だにレンタル見つからないので未見です(泣)。
なので、↑がやたら気になる今日この頃です。

kaedeさん、お待たせしました~(^^)
いやあ、報告するような内容が何も無いかも~、と内心ひやひやしながら見たんですが、まったくの杞憂でした。
そうか、世界征服の代わりに特典占拠を! さすが200年も生きてる人は転んでもタダでは起きませんね(笑)
>パッケージ
そうそう、それです。
本当に、あの日本版の女性は誰なんでしょうね…刑事さんとは思えないし、やっぱり嫁でしょうか。ちょっと兄妹萌えな感じですね(考え過ぎ)。
>スターリングラード
おおっ、新パッケージになるんですね! より深刻な感じですね。
この映画はいいですよ~。作品自体もいいですし、役者クレッチマンに期待される要素はこの作品でほぼ出揃っている気がします(悪役以外)。機会があったらぜひ。
現行のUS版はリージョンフリーで英語字幕付きなので、なんでしたらこちらでも(けっして米アマゾンの回し者ではありませんよ~^^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。