--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-22

戦え、新婚さん!

この週末は『プレデターズ』DVD三昧するつもりだったのですが、姪っ子と妖怪すごろくをしているうちに時間がなくなってしまいました。
そういうわけで、封入特典の番外編コミックしか見てないのですが、それだけでもツッコミたくなる要素満載だったので、とりあえずそちらの感想を。

ネタバレと言うほどの内容はありませんが、以下は一応たたみます。

わずか二十数ページのコミックに、ズラッとスタッフ名が並ぶあたり、さすがアメコミ!
絵柄もいかにもという感じで、ロイスは最初から似せるのは諦めたせいか、それなりにキャラクターが出来ていて見易いのですが、イザベルは似せようとしている分、たまに怖い。
内容は番外編というか本編後で、ロイスとイザベルが追放されたアダムとイブよろしくプレデター星でサバイバルしている話です。
後ろ向きなモノローグを吐きつつも、プレデターと戦ったり、プレデターが送り込んだ別種のエイリアンと戦ったり、食い扶持を稼いだりして、結構そつなく生き伸びているロイス。
そんな過酷な状況でも、イザベルとやるべきことはやっているロイス。
そして、そんな新婚夫婦の寝床を襲うプレデターと、全裸で反撃する新婚!
…なんだこのパロディものの洋ピン(意味が解らない人はとりあえず「ヌード・オブ・ザ・リング」で検索してみてください)みたいな展開は。
もっとも、コミック表現におけるおケツの扱いにうるさいお国柄のせいか(参照)反撃するイザベルの腰部は、偶然にも落ちてきた木の葉で隠れるという正しい演出がなされています。いったい何を事細かに解説しているんだ私は。

この後、倒したプレデターの武器を使って戦闘力を増しつつも、基本的に状況は変わらないまま話は終わります。

『プレデターズ』には続編の構想もあるといいますが、もしこのエピソードを映像化するなら、その折にはぜひ忠実に演出していただきたい。あの木の葉を。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは
蛹原さまの的確かつ鋭いつっこみ文に笑わせていただきましたv

ロイスとイザベルのラブシーンは「映画でやってくれれば・・・」とブロディ氏は思ったかもしれません(今回の映画はお得意のロマンチックなシーンが無かったので。まあ撮ってもカットされていたと思いますが)

というか新婚さんの寝床に奇襲するなんて、卑怯過ぎるわプレデター!と思ったら結婚祝い(?)を持ってきてくれただけ、とか面白過ぎる展開に唖然としました。
次回作にて木の葉の演出は自分もぜひ観てみたいと思いますv

balさま、こんばんは~(^^)

特典コミック、何かいろいろと楽しめる内容でしたね(笑)
考えてみれば本編中には色っぽいシーンが全くなかったので、番外編だけでもなんとか! というスタッフの親心もあったのかも。
それにしてもハードな結婚祝いですよね~
あそこですかさず、「サイズぴったりよね、着てみたら?」とか言えるイザベルの肝っ玉女房ぶりは素晴らしいと思います。

木の葉演出は、ぜひ物凄い丁寧なCGで(笑)
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。