--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-25

“Splice” 公開…か?

某DVD誌(立読みのため、誌名を覚えていない)(買えよ)の劇場公開情報によると、“Splice” は来年1月9日公開予定のようなんですが、IMDbも含めて他所でそれらしい情報が見つかりません。
でも、ホントならお正月の楽しみが増える~v

しかし、ちょこちょこと内容を漏れ聞くに付け、本当に研究者カップル(特に彼氏)はヘリオス博士((c)『デュカリオン』)の弟子なんじゃないかって気がしてしょうがない。

関係ありませんが、この雑誌記事を読んだあと、隣にあった「人喰い映画祭 満腹版」を衝動買いしてしまいました。
人が異生物に食べられる映画のガイドブックです。なので、レクター博士のような人は除外されてます(怪人は対象になります。ちなみにここでいう怪人とは、狼男や蠅男や吸血蚊人間クラスの怪な人たちです)。

第1章 ムシ編、第2章 動物編と来て、第3章 コング編という素晴らしい構成。
「ムシ」「動物」と同じ分類レベルなのか、コング。
ちなみに2005年のジャクソン版コングは肉食ではありませんが、その他の人喰い生物が頻出するということで紹介されています。

こういうの読んでると、すぐにレンタル屋に走りたくなるなあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

蛹原さま、こんばんは
「Splice」来年お正月公開とは嬉しいニュース、ありがとうございますv
ヘリオス博士の弟子という事は間違ってもハートウォーミングな話にはなりませんね~
どSそうなブロディ氏、楽しみですv

そして「人喰い映画祭 満腹版」タイトルだけで満腹になりそう!300本も紹介とは太っ腹な本ですね!
怖そうな本かと思いきやレビューを見ると面白そうです^^

balさん、こんばんは~
「Splice」公開、楽しみですね!
新年早々、不吉なものを見ることになるかもしれませんが(^^;)
(何か色んな意味で踏み越えてはいけないものを突破する展開のようです)

「人喰い映画祭 満腹版」、面白いですよ! 真剣にオススメします。
書店で見かけたら是非、目次の下のアイコン説明を見てみてください。いかに編集が行き届いていることか!
「コメディ要素が強い」とか「有名スターが出ている」という定番の他「落としたメガネを探すシーンがある」「お祭りが近いという設定が出てくる」というアイコンがわざわざあるんですよ!
(あっ、でも2005年版コングにスターマークがない!←今気付いた)

…すみません、目下愛読中なので熱くなってしまいました。
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。