--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-09

美人監督に乾杯

オリンピックが終わって脱力していたら、もうアカデミー賞。

今年は『アバター』と『ハートロッカー』の一騎打ちとか言われていましたが、フタを開ければ『ハートロッカー』の圧勝でしたね。
私もこの二作品なら『ハート~』に受賞して欲しかったので嬉しいです。(10作品中では『第9地区』が気になりますが)
だって、かたや既に全世界で大ヒットしている超大作。かたや賞レースに絡まなければ配給会社すら見つかったかどうかという地味な戦争映画。
はっきり言って、興行成績に勝る賞はないじゃないか。
だったら、オスカーさんくらい地味な作品に譲るべきだ。

授賞式は最後の方だけ観ましたが、監督賞を受け取って引っ込んだ直後に作品賞受賞で呼び戻されたビグロー監督が、本当に倒れそうになっているのが印象的でした。
そして、肩を組んで壇上に上がってきたキャスト&スタッフの面々は、ベンチャー企業の美人社長を囲む全社員という感じでなんだか微笑ましい。
しかし、82回にして初の女性の監督賞ってちょっと意外ですね。

あと、助演女優賞候補のヴェラ・ファーミガが素敵でした。
『ナチスの墓標』の女医さん役の人でしたが、今回のほうが数段色っぽく見えたのは作品の差なのか相手役の差なのか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。