--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-30

ヒホオさんと私

早稲田松竹さんのアメリカ音楽週間には、体調がイマイチで、結局行けませんでした(いや、体調と言ってもお月さんの問題ですのでご心配には及びませんが ^^;)
せっかく三連休だったのに~;;

ところで、実はあんまり期待していなかった(おい)『暴走特急シベリアン・エクスプレス』ですが、今月のヒホオさんDVD評で結構褒められているのを見たら、俄然楽しみになってきました(私の主体性はどこに)。
読めそうで読めない王道サスペンスだそうですよ、お客さん。
ヒホオさんといえば、いかにも好きそうな『イングロリアス・バスターズ』別冊も出ていますが、中身は『イングロリアス~』にかこつけた、斜めからのナチ&戦争映画入門書で、かなり読み応えがあります。
昔、サークルの合宿中みんなで『ナチス・ゾンビ』を観賞し、それを宿に忘れ、宿のご主人に探してもらったというどーでもいい青春の記憶が甦りました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。