--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-20

2008年宇宙へ

やっと『ダージリン急行』を観てきたので感想を書こうとPCを立ち上げたら、SF作家のアーサー・C・クラーク博士がお亡くなりになったというニュースが目に入り、職場が無くなったときより動揺している蛹原ですこんばんは。

好きな作家が亡くなったというのは、大抵実感しにくいものですが、とくにこの方は私が知った時には既におじいさんだったうえに、そもそも地球にいるんだかどこにいるんだかわからないような人だったので、逆に「19日に亡くなりました。享年90歳でした」と聞いてもなんだか一向に実感がわきません。
しかし、死の直前まで宇宙人の存在が証明されること(と、もっときれいなエネルギーが使われることと、スリランカの内紛が終わること)を願っていたというのが、いかにもな話でかっこいいですね。

それにしても「ご冥福をお祈りします」というのはピンとこない。やっぱり「良い旅を」という感じかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。