--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-27

驚きと納得の受賞結果

主演女優賞・助演女優賞の結果がびっくりだったせいで、番狂わせが続いたような印象がありましたが、よく考えると、両女優賞以外はおおむね順当な結果だった第80回アカデミー賞。
しかし、前の記事で「壇上でスピーチするティルダ様が見たい」とか言っていましたが、実際は驚きのあまりスピーチどころじゃありませんでした。
でもこれで、彼女が魔女や天使や両性具有者だけでなく、現代女性を演じても素晴らしい女優さんだと知れて嬉しい。
ドレス姿は女神も通り越して青年神みたいでしたが。

ハビエルさんの母に捧げるスペイン語スピーチと、『ジュノ』の脚本賞が感動的でした。
とくに脚本賞。ストリッパーから人気ブロガーを経てオスカー脚本家なんて、まさに現代アメリカンドリームですね。
「過去なんて少しも恥じていないわ」と言わんばかりのアニマル柄大胆スリットドレス&右肩タトゥーも素敵でした。
あと、ミレン女王様からのオスカー像を跪いて受けたデイ=ルイスも、狙い過ぎだと思うけどやっぱり素敵だったわ。

それにしても、今回は演し物が歌曲賞のノミネート作紹介しかなかったのは、やっぱりストの影響なんでしょうか…。
笑いを取ってくれるプレゼンターも少なかったなあ。
そのなかで、ひたすらハッピーを振りまいてくれた『魔法にかけられて』の3曲には癒されました。超アニメ声のお姫様が、実は三十代というのもツボ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。