--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-27

善き人のために黙祷

『善き人のためのソナタ』で主役を演じたウルリッヒ・ミューエ氏が、亡くなられたそうです。
ぶっちゃけ、自分の祖父母が亡くなった時よりもショックです。
『善き人~』は実はかなり前に観ていたのですが、ちょっと忙しい時期で感想を書かないうちに日が経ってしまったので、8月発売のDVDを待って改めて書こうと思っていた矢先でした。
…ガンってほんとに憎たらしいなあ。

『善き人~』では、声にも顔にもほとんど表情を出さない、「静の演技」などというありきたりな表現では追いつかない徹底したストイシズムに圧倒されっぱなしで、この世にこんな上手い役者がいんのかと本気で思いました。
こういう匿名的な演技は、強烈で個性的な演技よりはるかに大変なことなんだろうなあ。
過去作にカフカの『城』(監督はミヒャエル・ハネケ)の主人公があるのが、なるほどーと思います。
過去作といえば、『スパイ・ゾルゲ』と『ザ・ラストUボート』にも出てるんですね。結構日本と縁があるじゃないか!

とりあえずは、手持ちの『Schneeland』でも観つつ、ご冥福を祈りたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なんともショックで一瞬声を失ってしまいました。亡くなってしまわれたんですか。。。すでに国内では確固たる地位のある俳優さんだったわけですが、善き人でさらにインターナショナルにも活躍することになるだろうと楽しみでしたのに。こちらの記事で初めて知ったので詳しいことはこれから読もうと思いますが、まだ若いのに、これからなのにと残念で仕方ありません。素はひとのよさそうな笑顔のチャーミングな御方でした。合掌。

玉兎さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
このニュースは本当にショックで、一日中ぼんやりしてました。まだ54歳なのに…。
東独時代には過酷な経験もされていたというのに斜に構えたところが少しもなさそうな、思慮深い素敵な方でしたね。

あまりに沈んでいたせいか、さっき同じシネマニュースサイトで「ナオミ・ワッツに男児誕生!」という記事を見て、過剰反応して泣いてしまいました(^^;)
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。