--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-26

デビュー戦、第8話

面白い。
今更何を言い出すんだと思われましょうが、本当に面白いですよ今回の大河。
策を駆使して大軍を退けたり、その裏を読んで巻き返したりという、戦国ものの面白さが全面に出てきました。

海ノ口城にてついに軍師デビューを果たした勘助。そしておしかけ広報マン平蔵
「勘助が考えた策じゃー!」は今回の名台詞だと思います。

無勢の城で徹底抗戦!って、お約束だけど戦国モノの醍醐味ですねー。
「泥を塗って火矢に対抗」とか「水面の動きで敵の位置を知る」とか、お茶の間でも理解できる程度の具体策が一つ一つぴたっと当たっていく爽快感がたまりません。
…あ、そういえばまだ『墨攻』観にいってないなあ(関係ありません)。

戦場のお花・美瑠姫の存在も良かった(あれは絶対、勘助に惚れてたと思う)。
まだ少女のような姫様に左目のことを訊かれて、勘助がふと本音らしきものを覗かせる場面にはグッときました。
しかし、貴婦人を前にすると途端にどぎまぎする勘助さん可愛いなあ。

そして、なんとと言うかやはりと言うか、繋がっていた酒の呑み方モチーフ。
割と早い時期から酒の残量を確認し、いざ奇襲という時に兵に「体を温める程度に」ふるまう晴信さま。すごい実務的な酒の使い方です。ほんとに今まで実戦経験なかったんか。
対する勘助は、味方が飲過ぎているのを気にしながら、自分はまさに体を温める程度に少しだけ口にしてる。
この2人は基本的に発想が同じだというのがよくわかります。勘助が負けたのは自軍に対する命令権の違いに尽きるのかも。
そういや、戦の最中から何故かヤケ酒くらっている平蔵というのもいましたが…まあ、いいかこれは。


さあ、次回は『勘助、討たれる』。
…そうか、もう終わりか。トシ取ると1年は早いなあ(違)。
それはともかく、賑やかし君かと思ったら意外に暴走野郎だった平蔵が気がかりです。
ヤツは弓矢だけは上手いのか? のび太君の射撃みたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。