--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-15

TK in Berlinale

開催中のベルリン国際映画祭でのトーマスさん画像があがっておりました。
またボーズっすか。一度やったらやめられなくなるんですか(ラクで)。それとも次の役作りですか。
ちなみにこの会場はエディット・ピアフの伝記映画“La Vie En Rose”のプレミアだそうです(出演はしてません)。
今回、少なくともコンペ部門にはトーマスの出演作はないようですが、他の部門はどうなんだろう。ざっとみたところ該当作は無さそうですが。

コンペ部門の、ジェイミー・ベル君がノゾキ少年をやる“Hallam Foe”という作品が気になるなあ。日本にくるだろうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

蛹原さん こんばんは
トーマス、またボーズですか!
相変わらず頭の形いいですね~
と、今回のご紹介画像や来日時もですが、しみじみそう感じたのはやはりあのコスプレ王(弟)です。・・まさか王子のスピンオフの準備ではないですよね(笑)。
ラクだからに私一票入れさせてもらいます。(しかし伸びているものはどうにかなるけれど、ないものは俳優としては仕事上どうなのでしょうね。やはり役作りでしょうか←もう揺れてる)

ブロディ氏の詐欺師もの情報も有難うございます。面白そうですね~

kaedeさん、こんばんは~(^^)
>ボーズ
ボーズとパンチパーマはホントに手がかからないと言いますからね~(笑)
昔のインタビュー等での微妙なスタイリングを見ると、やっぱりラクだからなんじゃないかって気が。でもあれだけ頭の形よければ、ボーズでサマになるから得ですよね。
>コスプレ王子
たしかにボーズと言えばこの役ですね。そんなスピンオフがあったら、日本公開なくても海を超えて観に行くー!(笑)

>詐欺師映画
まだコメディなのかシリアスなのかもよく解りませんが(^^;)
かたい演技派ぞろいで楽しめそうですね~
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。