--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-31

レンタルスルー?

全く気付かなかったのですが、ブロディ氏主演の犯罪コメディ“The Brothers Bloom”(ちなみに超オシャレな公式サイトはこちら)が『ブラザーズ・ブルーム』の邦題で2月5日にDVDリリースされるようなのです。
が、どうもツタヤさんでのレンタルのみで、販売は当面ないらしい。

とりあえず観られるのは嬉しいですが、結構評価は高いし主演カップルは両方オスカー受賞者だし、何より我らが凛子さんがベリーキュートな本作に、この扱いは何か釈然としない…。
確かに海外のコメディって日本ではウケないことが多いので、劇場未公開なのは百歩譲ってしょうがないにしても、なんでレンタルのみ?
出し惜しみか? 過小評価か? 何でもレンタルで済ませる賢い現代人しか相手にしないのか?
でも私は古いタイプのオタクなんだ! 所有させろ!

まあ字幕版はレンタルできるという安心感の元にUS版を買うという手もありますが(円高だし)。


ところで今日やっと『ヴィクトリア女王』観に行けました。が、何か感想書く気分じゃなくなってしまったので、また後日書きます(--;)


スポンサーサイト
2010-01-30

鬼と虫と兄貴のいる現場

どうもご無沙汰しております(またこの書き出しか)。
なんとか自分の風邪気は抜けたんですが、職場に蔓延させてしまったため、仕事が俄に忙しくなったのと、なんだか異常に眠い(怠い)のとで、またすっかりサボってしまいました…。
『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のDVDに浸っていたという理由も全くないわけではないですが、比率としてはそれほど高くないです。
むしろ浸りたい。だれか私に休暇を! もしくは体力を!

それでも本編・特典・吹き替え版とも一通りは鑑賞しました。
本編についてはまた色々思うところもあったのですが、とりあえずせっかくの豪華版なので特典の感想など。
と言ってもそこはアート系ヨーロッパ映画なので、ハリウッドやミタニ・コーキのようにサービス精神満載ではありませんが、観ていると何かじわじわと面白くなってくる不思議な特典映像です。

なお、以下は特典の見どころではあるのですが、いきなり本編のネタバレもしているので、未見の方はご注意ください。

続きを読む

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

2010-01-16

正月終了

小正月も過ぎましたので、ブログの背景を通常用に戻しました。
しかし、もう一年の24分の1が過ぎたんだなあ…。
ついでに、承認制だったコメント欄を、そのまま表示する設定に変更しました。
一時期、宣伝が多かったので承認制にしていたんですが、FC2さんのフィルタリングが効いているのか少なくなったので。
しかし全く無くなったわけではないので、セレブ妻が愛人募集していても引っ掛からないでくださいね、お客さん。

2010-01-12

新年早々

気がついたら正月七日を過ぎていたのに、まだ正月仕様でおります。
まあ、本来は十五日までは松の内だからいいか(早くもグズグズな年になりそうな予感)。

それはそうと、仕事始め早々に引っ掛かった風邪が気味が悪いほど治りません。
人様からいただいた年賀状を「縁起悪い」とか言ったから、バチが当たったんでしょうか…。
そして、明日はそんな縁起の悪い人たちのDVD発売日だ。
公式サイトでは旅行とかブルーレイデッキとかが当たるキャンペーンをやっていますが、今の私は切実に「シタオの癒しブランケット(C賞)」が欲しいです。

2010-01-01

行った年、来た年

あけましておめでとうございます。
おかげさまで、なんとか無事に年を越すことが出来ました。

世間的にも個人的にも色々な事があった2009年でしたが、自分的に最大の成果はこのブログを復活できたことです。
またすぐバテてしまうんじゃないかな~と心配しながら再開した当ブログが、超低空飛行ながらもここまで続いているのは、読んでくださる方々、コメントしてくださる方々のおかげです。
今後も、たいした更新ペースではないと思いますが、何かのついでにお立ち寄りいただけると嬉しいです。


ところで、さきほどICWRのオフィシャルサイトから、DVDリリース記念キャンペーンの年賀メッセージが届いたんですが、予想以上に力の抜ける内容でした…。
「寅年はトランの年」というトラン監督の異文化共同駄洒落はこの際置いておいて、
クラインとス・ドンポから年始の挨拶をされたって、縁起が悪いだけだ。
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。