--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-31

一昼飾り?

ギリギリですが、ハロウィン仕様に変えてみました。
正月の松飾りなどは、一夜飾りはよろしくないと言われていますが、もともと夜のお祭りであるハロウィンの場合、どうなるんでしょう。

追記
11月に入ったので、ハロウィン飾りは片付けました。
半月もしたらクリスマス一色になるんでしょうね。…早いなあ一年。
スポンサーサイト
2009-10-31

TK in ブンカムラ

兄嫁さんが体調を崩したため、先ほどまで姪2人、甥1人、兎1匹が我が家に来ておりました。…疲れた…この一週間で何回アンパンチを喰らったんだ、私…
おかげで『ナチスの墓標』は買ったもののまだ観ていません。
まあ、自室で観ればいいんですが、さすがに『からすのパン屋さん』とか読んだあとに、捕虜収容所ものを観る気にはならないもんです(--;)

それはそうと、先日渋谷の文化村に『ベルギー幻想美術展』を観に行きまして、帰りにチラシをどさっと貰ってきたのですが、その中に12月公開の『ヴィクトリア女王 世紀の愛』という映画のチラシがありました。
クレッチマンがベルギー国王レオポルト(ヴィクトリアの伯父)役で出演している“The Young Victoria(原題)”のことだと気づいたのは、しばらく後です。

おおっ!ブンカムラでやるような映画に出るなんて、『王妃マルゴ』以来ではあるまいか。
ちなみに、チラシにも公式サイトにも、彼の名前は出ていません。
…きっかけがベルギー美術展だっただけにちょっと寂しい…。

2009-10-21

映画祭リレー

前回の記事以来、往生際悪く釜山国際映画祭の情報をチェックしております。
結果、イ・ビョンホンの兄貴風が吹きすさぶICWR会場の模様にはむやみに詳しくなったものの、アルジェント特集の反響はまったく聞こえてきません。
どうだったんだ“Giallo”のアジア受けは!
固定ファンのいるアルジェント作品なのでいずれDVDにはなるでしょうが、劇場公開の有無を占うためにも、観客の反応が知りたいものです。
つーか、せっかくバトンタッチするように東京国際映画祭が始まったんだから、巡回するとか、いっそ共同開催にするとかさー(ぶつぶつ)

と、文句を言いながらも、先日は六本木のTIFF会場に行って祭り気分を味わい、その後、なぜか某シネコン某館でやっていた『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』を観て、チゲ鍋を食べて帰りました。バーチャル釜山!

しかし、実は通常の公開期間の最後の方に観て、非常に未消化な気分を抱えつつも観なおす機会もないまま現在に至っていた『アイ・カム~』ですが、改めて観るとなんというか、観る人が観ればこの映画を題材に聖書学の講義ができそうな、超絶技巧映画でした。
こんな特異な作品を、こうもなごやかに紹介していいのか。いいのかチーム38秒。
2009-10-10

となりの芝生映画祭

どうも今年は、東京国際映画祭にもドイツ映画祭にも、あんまり食指の動く作品が見当たらないな~と思っていたのですが(注 個人の感想です)、なんとなく釜山映画祭のサイトを覗いていたらなんと!

ダリオ・アルジェント特集があって、“Giallo”も上映されるっていうじゃないですか!

うわー、行きたい! 釜山!
ついでに美味しいもん食べたい!

惜しいことに『スタンダール・シンドローム』はラインナップに入ってませんが、それにしても大胆な企画。
いいなあ、日本にも巡回してくれないかなあ…。


関係ありませんが、Gala Presentationの中にある“I Come with the Rain”。
日本では上半身ヌードのビョンホン氏がやたらと目につきましたが、あちらでは木村氏が前面に出ている。これはいかに。

2009-10-10

血わき肉踊る大作リメイク

2010年公開予定の『プレデター』リメイク版の主演にエイドリアン・ブロディが決定したようです

個人的には実写版ヤマトよりびっくりだ。

役どころは、捕食性エイリアンのプレデターに立ち向かう人間たちのリーダーですが、「マンハンター」とかいう、敵とたいして違わない呼び名で知られる人物だそうです。
ちなみに他のメンバーは元殺し屋とか軍人とか殺人鬼だそうな。
う~む、コブラ対マングース…。
いずれにしても、わかりやすい戦士タイプではないブロディをあえて起用したということは、何か面白い目論見がありそうなので、私はかなり楽しみです。

しかし、最近のブロディは結構リメイク要員だ。

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。