--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-30

夏の終わりは怪人の忌日

昨日(8月29日)は、敬愛してやまない「怪人タネラムネラ」こと種村季弘氏の命日だったので、丸一日、氏の著作を読んで過ごしました。
5回目ともなると、この一人キャンペーンも夏の終わりの恒例行事として定着しつつあります。
今回は、ブログを再開したばっかりだし気合いを入れるつもりで、映画評論をメインに読みましたが、この人の映画評を読むと、一本の映画でここまで発想を飛ばしちゃってもいいんだな~と安心する反面、ここまで徹底しないと本当に「観た」とは言えないんじゃないだろうかと不安になりもします。
ああ、一遍でいいから「タネムラの目」で映画でも世の中でもみてみたいなあ。きっと面白いこともおぞましいことも数百倍の密度で詰まってるんだろうな。

まあ、そんなことを言ってもしょうがないので、今日は投票行ってから『キャデラック・レコード』を(やっと)観てきました。
感想はまた後日書くと思いますが、驚いたのはビヨンセの出番の遅さ
「ヒロインが出るまでに40分以上かかる映画は良い映画」とどっかで聞いたような気もしますが、感覚的には後半3分の1くらいしか出なかったような…。
まあ、チェスレコードの栄枯盛衰を描いた映画で、最後の歌姫の役なわけですから当たり前なんですが、本人が製作も兼ねていなかったら、逆にもっと出ずっぱりにされてただろうなあ。
公開前のインタビューとかでも思ったんですが、ビヨンセって真面目ないい娘さんですね。
「主役なのにブロディのインタビューがないー!」という心の狭いことはもう言いません。言いませんったら。
スポンサーサイト
2009-08-26

アルジェント父娘商会

療養中、センスの良い友人が貸してくれた本は、『ダリオ・アルジェント―恐怖の幾何学』でした。(もう一冊は『ゾンビ映画大事典』)。

もちろん真っ先に『スタンダール・シンドローム』のエピソードを読みました。
それによれば犯人役の、当時ドイツ以外では殆ど無名だったトーマス・クレッチマンは、レイプシーンは全裸で撮影したいと自ら主張したそうです。
で、当初はその案を「(男のヌードなんざ)必要ないよ」と、退けていた監督も根負け(?)し、相手役のアーシア・アルジェント(実娘)に「それでもいいか」と訊いたところアーシアは快諾
晴れて、あの緊迫感あふれるシーンが完成したんだそうな。
…いやあ、「家業はホラー映画」の父娘って素晴らしい。

そんなアルジェント監督の新作“Giallo”の主演はブロディさん。
負けるなよ~!(「誰に?」とか「何を?」とか訊かないように)
2009-08-23

ご無沙汰のお詫び&近況など

どうもお久しぶりです。蛹原です。

気がつけば、ほぼ一年半のご無沙汰になってしまいましたが、生きております。
しかし、実は本当に死ぬかもしれないという経験をしてきてしまいました。
まあ要は、年間90万件以上起こっている交通事故の一件に遭ったということで、客観的に見れば命に別状は無かったんですが、利き手(というか利き側)に後遺症が残る可能性はあったので主観的には死活問題だったり、相手がいることなので何かと面倒だったり、ちょうど失業中だったり、リハがしんどかったり、『NEXT』が予想以上にアレだったり(同等かい)で、精神的にも少々滅入っていました。
ともあれ今では(こんな御時勢に申し訳ないようですが)仕事も見つかり、普通に暮らせています。

そんなわけで当ブログは、泣き言以外書くことがなさそうだったのと単に億劫だったのとで長々休止してしまっていましたが、日本では久々のブロディ映画『キャデラック・レコード』も公開したし、クレッチマンの出演作は着々とDVDスルーしているし(これとかこれとか、ものものしい邦題のこれとか)、ぼちぼち復帰しようと戻って参りました。

といっても体力は落ち(怪我のせいか年のせいか微妙ですが)、療養中にサボり癖もついてしまったので、以前にもまして更新が遅くなりそうですが、枯れ木も山の賑わいと思って今後もお付合いいただけたら嬉しいです。
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。