--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-28

『聖なる予言』日本版

いい加減あきらめ果てていた“The Celestine Prophecy”の日本版DVDの発売が、クリスマス商戦終盤の12月21日に決定したようです。邦題は(当然ながら)『聖なる予言』
とは言え、US版は買っちゃったし、字幕を確認するくらいならレンタルで十分かなー。
と思いつつも現物を見たら買ってしまいそうな気もしますが。

余談ですが、なにかと見解が分かれるらしい“Kretschmann”のカタカナ表記に、新バージョン「クレチマン」が出現しました。
4カ所が4カ所ともこの表記ということは、単に小さい「ッ」を落としたわけではないのか。
…こういう表記の不統一を見ると、ああ、まだマイナーなのかなって思いますね~;;
スポンサーサイト
2007-10-22

『ダージリン急行』観てきました

東京国際映画祭で、一足先に『ダージリン急行』を観てきました。なんと今回、ソールドアウトが一番早かったのはこの作品だったそうです。

面白かったあああ!

どこがどう面白かったのか、どうにも説明しにくくてもどかしいんですが、何と言うか、美味しいのかそうでもないのかよく判らないうちに病みつきになっているエスニック料理のような映画です。
ああ、もっかい観たい。三月の一般公開が遠い。

お話自体は、コメンテーターS氏が上映前に言った「この監督、何かあったんでしょうね」という超的確なコメント通り、予想していたよりずっと素直に「いい話」でした。
しかし特有の妙な笑いどころも多々あり、人情話とはまた違った意味で「笑ってじんわり」させられます。
宣伝文句じゃなく、本当にインド行きたくなったし兄弟と話したくなったし仕事休みたくなったし(笑)!

さて、この監督の常連役者の中、初参加のブロディ君ですが。
実にこの役者の使い方を心得ていらっしゃいます、アンダーソン監督!
線路脇を走っていって列車に飛び乗ったり、長い手足を折り畳むように狭い車に乗ったりという動作が、それだけで何やら意味ありげに見えてしまうブロディマジックは今回も健在でした。
ほんとに、身体の造りの美しい人だなあ…。
三兄弟の中で一番特徴が無いようで一番極端な行動をとるという役どころも、儲け役ですがハマってました。

2007-10-19

“Dare to Love Me”追加キャスト

キャスト表が男ばっかりでどうなることかと思っていた“Dare to Love Me”に、ついに女性キャストが現れました。
なんと、リンジー・ローハン(21)!
リンジーちゃんといえば、以前、シラノ・ド・ベルジュラックを翻案した“Speechless”という映画でブロディ君と共演するという話があった筈が(ちなみに、リンちゃんがシラノでブロディがクリスだ)、どういう事情でか降板し、ついで作品自体がどっか行ってしまったという経緯があったので、ちょっと気がかりです…。
まあ、今回はこのように、ダンスのレッスンを受けたりして役作りに励んでいるようなので、大丈夫なんだろうと思いますが。

…それはそうと、このレッスン、トーマスも受けてるのかなあ。


2007-10-15

コング、W○W局登場記念

…というわけでもないんですが、例の脳内メーカーで遊んでいたら、結構おもしろいというか納得の結果が出てきました。

関係ないけど、後半のジャックの芝居に出ている女性って、女装したK取君に似てますよね。

続きを読む

2007-10-14

愛機が(たぶん)直りました

すっかりご無沙汰してしまい、すみません。
ここしばらくウチのMacがどうにも不安定で、ちょっと重たいページを表示しようとするとフリーズする状態だったので、ブログの管理画面に入れず満足に更新ができませんでした。
ちなみにIMDbもダメで、情報収集にもコト欠いてました…(^^;)。

で、だましだまし使っていたのですが、本日やっとOSの再インストールを敢行したら、ウソのように快調になりました。
もっと早くやっとけばよかった~!
やる前に周囲から「再インストールは大変だぞ、難しいぞ、時間かかるぞー」と脅されていたのでビクビクしながら開始しましたが、やってみたら何てことなかったじゃないか(時間はかかったけど)。

しかし、フォルダを1つバックアップし忘れていて、少々ヘコんでおります。
まあ、中身は大したモンじゃなかったんですが(クレチャートの下書きとか)、どんな初心者向けガイドにも書いてあるよな、バックアップを取りましょうって…;;
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。