--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-24

『ハリウッドランド』

事件解決のスッキリ感はなく、かといって追跡中のドキドキ感もそれほどない、どこまでもアンチカタルシス型の実録ミステリー。
あるいは、驚くほど自分のことしか考えていないロクデナシ達によるヒリヒリするような人間ドラマ。
こう言うとまるで酷評しているようですが、そうではありません。誰にでもオススメという映画ではありませんが、私はかなり好き。
ここに描かれているのは、いもしない「本当の自分」を追求して自分も周囲も消耗させ、あるいは手近な誰かにスターなり恋人なり息子なり探偵なりの理想像を被せて寄っかかろうとする、さもしい人間達の姿なのですが、そのロクでもなさに同情もしないような本作の語り口が、かえって彼らをいじらしくも愛おしくも見せ、ラストのささやかな救いが沁みてくるのです。
ただしかなり痛い。

以下ネタバレです。

スポンサーサイト

続きを読む

2007-06-19

「こちら、ハリウッドランド行きでーす」

『ハリウッドランド』観てきました。
劇場の係員さんの台詞にちょっとウケました(劇場ごとに乗るエレベーターが違うので、わかりやすく作品名で誘導してただけなんですが)。帰れなくなりそうじゃないか、話が話だけに(^^;)

ちゃんとした感想は後日書きたいと思いますが、ベン・アフレックが良いですよ
なんかもう、ここ数年のすったもんだは、全てこの作品のための役作りだったんだもんね!と言いそうな勢いで良いです(というか、ホントにそういうことにしてしまいたいんじゃ…)。
個人的には非常に好みの映画なんですが、おそらく一般受けしない映画だとも思いますので、観たい方はお早めに~

ところで、日本語メディアで珍しく、インタビュー以外のブロディ氏特集記事が。
…この人の場合、どんな苦労話を聞いても、不思議とそんなに大変そうじゃないような気がするのは何故だろう…。

そんなブロディ君がダチの散髪を買って出ている、実に苦労してなさそうな映像がこちら
ヘアワックスのCMだかプロモだかのようです。
普通はお客さんに着けるケープを自分で着けてるのが、あまりにも彼らしくて笑えましたが、やってるうちにどんどん構想が変わっていってる辺りもまた彼らしくてソラおそろしい…;;
結果はともかく、手付きそのものは妙に良いのも気になります…はっ、トーマスが2度にわたってボーズになっていたのはもしや!
2007-06-15

“The Celestine Prophecy”

買ってから間が空いてしまいましたが、『大霊界インターナショナルバージョン~生き抜いたら驚いた~(仮)』の感想です。

原作は、十数年前のベストセラーで元祖自己啓発アドベンチャーのこちら

一応あらすじを解説すると、ある古文書の噂にひかれてペルーに渡ったアメリカ人青年が、都合良く現れる仲間と協力し、敵対勢力(もちろん保守的権威主義的カトリックである)とわたり合いながら、人類を変革するという古文書の「九つの知恵」を学ぶというもの(ちなみにこの「知恵」の数は続編で増えている)。
ご都合主義自体をテーマに組み込んだ上で、ご都合主義的展開をバンバン起こす、という斬新な手法に躓かなければ、わりと楽に読めます。

続きを読む

2007-06-11

新作2題

留守にしている間に、クレッチマン氏の新作が2作もあがっていました。世の変化は速い。

一つは“Dare to Love Me”
30年ごろの伝説的タンゴ歌手、カルロス・ガルデルの伝記映画のようです。
ガルデル役は、『ナイト・オブ・ゴッド』でも共演したラウル・ボヴァ氏。
ジャンルが Musical, Romance となっているんですが、これはいわゆるミュージカルなのか、音楽映画というほどの意味なのでしょうか。
いわゆるミュージカルだとしたら、トーマスも歌うのか、そしてそれはタンゴなのか。
いろいろ気になるところです。

もう一つは“Hellboy 2”
ただし、声の出演となっています。
と、いうことはキャラクターはCGか何かなんでしょうか。つまり某D様より人外度が高いキャラなのか。
そういえばこのキャスト、『ブレイド2』と被っているところが多いような…。
2007-06-01

留守にします

急に祖母が亡くなったので、しばらく留守にいたします。
メール等のお返事が遅くなるかもしれませんが、ご了承下さいませ<(__)>

急と言っても、実はここ二ヶ月ちかく生死をさまよっていたのですが、先日、昏睡状態のまま安定したと聞いたばかりだったので、ちょっとびっくりしました。
しかし、もともと寝顔を他人に見られるのもはしたないと思うような昔の女性だったので、根性で逃げ切ったんじゃないかという気がします。

プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。