--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-28

君に泣いてる暇はない

私事で恐縮ですが、といってもブログなんて私事のためにあるようなもんなのでわざわざ断る必要もないとは思いますが、あまり縁起の良い話でもないので一応お断りしておきますと、先日祖父が亡くなりました。
まあ、かえってめでたいくらいの典型的大往生だし、久しぶりに親戚が勢揃いしてちょっと嬉しかったりもしたんですが、告別式も済んで一段落したとたん、今度は祖母が倒れてしまいました。
こちらも、これでどうにかなっても余裕で大往生という歳だし、倒れたのがちょうど爺さんの初七日だったので「ああ、迎えに来たんだな」と当然のように待機していたんですが、意外にも(こらこら)踏みとどまり、ということは忌引休暇は使えないということなので、車で6時間の道のりを慌てて帰ってきました(なんで葬儀場所に配慮してくれないんだ忌引の日数!)。
いやあ、ホントに泣く暇なかったなあ…。

しかしさすがに疲れ果てたので、結局有休使って休み、たまったビデオを消化して過ごしたところ、某語学番組の「釈ちゃん松本さん卒業スペシャル」に不覚にも泣いてしまいました。
「オレの葬式はテレビ以下か」と祖父に言われそうだ。せめて『風林火山』(とくに11話)ならまだしも格好がついたんですが。

スポンサーサイト
2007-03-18

ハリウッドランド日本版

ブロディ氏主演の『ハリウッドランド』の日本版オフィシャルサイトも仮(?)オープンしてました。
長らく『(原題)』とついていましたが、邦題もやっぱりこのままでしたね。
これに関しては訳しようがないし訳さないほうがいいと思っていたので、そのままで良かった。何より2時間サスペンスみたいな副題が付かなくて本当に良かった…。
もっとも、個人的には制作中の仮題だった “Truth, Justice, and the American Way” ってのが一番好きですが。

そして、公開日は6月16日で本決まりのようです。
IMDbの情報では2日だったんですが、これは作中の日付に合わせて変えたんでしょうか。
粋というか地味というかミニシアターらしいこだわりで、結構好きです。

2007-03-16

“NEXT”オフィシャルサイト

モトさんとの2ショットも記憶に新しいニコラス兄貴の次回作“NEXT”のオフィシャルサイトが、UPされてました(まだ仮設と思いますが)。
PHOTOコーナーにはトーマスの姿は(今のところ)ありませんが、CAST欄では彼の名前は4番目に出てるんで、わりと重要な役…のはず。

それはそうとピーター・フォークはどんな役なんだ。
あの親爺さまが、このアクションアクションした映像に入っているところが想像できない。
2007-03-13

花の欄!

ミツ亡き後(回想がない時は)空席になっていたオープニング映像の「花」の部分に、9話にしてついに新しい名前が!
さらに10話ではミツ(回想)と由布姫を両方とも、重ねずに花の欄にきっちり納めていて、スタッフの心意気を感じました。
担当の方、ミツやんを今でもヒロインポジションに置いてくれてありがとう!

そして岡森諦さん出たー!
と言っても知ってる方はあまりいないでしょうが、太吉役の有馬自由さんと一緒に某劇団の看板しょってる俳優さんで、その昔、私のなけなしのバイト代を小劇場に振り落とさせてくれた方なんですよ。ああ、TVで聞いても良い声だ~
ちなみに、平蔵やんの新マドンナ・ヒサさまのお父上でいらしゃいます。なんか、今後2人の障害になりそうな予感がして気がかりです
ヒサさまのキャラクターも魅力的ですね。ホントに良い娘さんが多いな、このドラマ。
平蔵はこういう優しくて剛胆な美少女に縁があんのか。しかし難儀な相手ばかり好きになる男であることよ…。

続きを読む

2007-03-10

台風一過

第2子のツワリがつらい兄嫁ちゃんと一歳半の姪っ子と隻眼の老ウサギがしばらく我が家にステイしていたのですが、だいぶ楽になったというので先ほど、ウサギを置いて帰宅していきました。
いやあ。
話には聞いてましたが、乳幼児という現象は嵐のようなものですね。
朝起きた瞬間からハイテンションの彼女に合わせるだけで、体力が吸い取られていくようです。
段差があれば登り、上のものは落とし、落ちてるものは拾い、持ってるものは投げ…赤ちゃんのエネルギーって凄いモンだな~;

世のお母さま方、本当に尊敬いたします<(_ _)>
2007-03-01

うかぶ噂 しずむ噂

なんでも、今度製作される『スタートレック』11作目は、若き日のカークとスポックの話だそうですが、そのスポック役の候補としてブロディ君の名前があがっているようです。
ちなみにカークにマット・デイモン、Dr.マッコイにゲイリー・シニーズの名も。
…いやあ、ブロディに関してはどんな役をやっても驚かないと思っていたんですが、今回はびっくりした。
『ザ・フライ』がオペラにという話の次くらいには。

しかしまあ噂ですし、今までにも噂のまま消えてしまった話や、噂よりは進んだ筈なのにいつの間にかIMDbから消えていた話はいくつもあるので、あまり構えずに待ちましょう。


プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。