--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-26

クリスマスおめでとうございました

…過去形で言うことかって気もしますが。
イヴの日は「クリスマスくらい家族サービスせい」ということで姪っ子たち(1歳×2人)と遊んでいました。疲れ果てました。世のお母様方、本当に尊敬します。

クリスマスといえば聖誕劇。
現在全米公開中の“The Nativity Story”の映像を、この間偶然なんかの番組で見たんですが、なんて可愛いマリアとヨセフなんだ。
マリアは乙女というより少女だし(演ずるケイシャ嬢はなんと16にして本当にオメデタだそうな)、ヨセフもまだ少年っぽい(オフィシャルサイトの写真だと落ち着いて見えますが、動いてるところ見ると実に若造若造しています)。そんな2人がけなげに愛し合う若夫婦として描かれてるのがまた良いです。

とくに、このお話では大抵脇役扱い(ヘタしたら寝取られ男扱い)のヨセフが、ちゃんと活躍していそうなのが個人的に嬉しい。
なぜヨセフにこだわるかと言えば、数年前に読んだ『ナザレ派のイエス』という本で、ヨセフが控え目ながら誠実で高潔で愛情深く…と実に魅力的に描かれているのを見て以来、どーにもこの「聖家族の父」を贔屓してしまうからです。

もっとも倅のほうはそれ以上に、知的で大胆で飄然としていつつ深い孤独と心の傷を抱え、しかし行動は割と成り行きまかせで能天気、おまけにファザコンで母にはちょっと複雑な感情を持っていて…と研究書とは思えないキャラ立ちっぷりですが(著者の意訳による台詞の数々も、なんだか江戸っ子のようで威勢がいい)。
ちなみに私は教会育ちなのですが、今まで聞いたどのイエス像よりもこの本の「イェシュー」がピンと来ます。だれか映像化してくれないか。某ダヴィンチ暗号のような地雷は無いと思うんだが(いや、どうだろう)。
スポンサーサイト
2006-12-18

帰宅しました

ので、コメント・トラバの制限を解除いたします。
コメント下さった方々、失礼いたしました。
結局あやしげな宣伝書き込みなど何も無かったようです。FC2ブログさん、頼れるー。

行ったのはブロディ君のお母様のお郷とそのお隣だったのですが、向こうは記録的な暖冬だったらしく、あったかくて過ごしやすかったです。
普通なら観光なんかどうでもよくなるような寒さだそうで、ガイドさん(ペネロペ・クルス似)には「あなた方は本当にラッキーよ!」と一時間に一回は言われていました。でも雪景色も見たかった…とは贅沢か。

中心地からはだいぶ外れたホテルだったせいか、窓からの風景がいかにもヨーロッパの裏窓! という感じで風情がありました。




…しかし、正面の若夫婦(多分)の部屋はなぜかカーテンが掛かっておらず、ケンカしてる様子などが見えてしまって、ちょっとどうしようかと思った。
2006-12-10

旅に出ます

17日まで、旅行に行ってきます。
その間、勝手ながら一時的にコメント・トラバを制限させていただきます。
まあ、こちらのブログでは、宣伝書き込みみたいなのが昔何度か来たくらいなので大丈夫だとは思うんですが、一応念のため。

それでは行ってきます。
2006-12-10

『キング・コング』ベンチャー号・エディション

先日、頂いたコメントへのレスの中でフライングして言ってしまいましたが、『キング・コング』DEE版は良いです。特に人間サイド、わけてもベンチャー号に思い入れのある人にはおすすめです。
特に未公開シーン集は7割方ベンチャー号のエピソードで、これがことごとく美味しい。
つうか、なんでカットしてしまったんだ。監督は音声解説でしきりに「あまり航海を描くと映画が長くなるし、観客は早く髑髏島を見たいだろうし――」と言っていましたが、いらぬ心遣いと思います。なんなら二部作三部作にしてくれても良かったのに。
〈以下ネタバレ〉

続きを読む

2006-12-10

『ヒトラー最期の(中略)終極BOX』

遅ればせながら感想です。
中盤に一旦エンドクレジットと「前半のあらすじ」が入ったので驚きましたが、解説によればこのロングバージョンはドイツで二回に分けてTV放送されたものをそのままDVD化したものだそうです(その点でこちらの監督のオタク度は、最初からDVD用特別編を作っている某監督には、比べたってしょうがないですが及ばないと思われます)。

劇場版のほうが貸し倒れていて見比べられないのですが、私の記憶とブックレットの追加映像解説(とても細かい)によれば、クレッチマンの出番は増えていません。
唯一、「エヴァとトラウドゥルが失踪したフェーゲラインを心配するシーン」というのがあることはありますが、解説がなければ追加シーンだと分からないかもしれないくらいささやかです。
…母さん、あのフェーゲラインの尋問シーン、どこへ行ってしまったんでしょうね。メイキング映像でやけに目立っていて一部の女子の期待を煽った、あの尋問シーンですよ。
あ、ちなみにメイキングその他の特典にも、彼の出番は増えてません。

しかし、作品的には劇場版より良いです。
追加シーンで一番目立つのはペーター少年関係のエピソードなので、「地下要塞=総統周辺」と「市街地=一般市民」の2系統がはっきりして、映画の構図が解りやすくなりました。これと比べると、劇場版ではどうしても総統がメインなので、市民側の描写にはやや唐突というか、取って付けたような感じがあったように思います。
まあ単純に、「地下要塞の不愉快な仲間たち」パートが相対的に減っている(絶対量は増えてますが)ので、総統の怒鳴り声や、幹部連中のシケたツラや、死んだ魚のような目を見開いて笑うエヴァ・ブラウンに辟易していた向きにも、観やすいのではないかと(劇場ならともかく、お茶の間のTV画面で観るとちょっとウンザリしませんか皆さん)。

しかし、一番観応えがあったのは、元総統秘書ユンゲ氏のドキュメンタリーです。
何回かに分けて行われたインタビューを、最小限の解説だけで再現映像等も入れずに編集したものなのですが、その語り口の強さ切実さになんだかもう圧倒されてしまいます。
これこそ、七千円もする限定版ではなく普及版のほうに入れておいてほしかったな。
2006-12-03

新作情報 "Trans-Siberian"

接着剤のことを「ジェームズ」と呼んで喜んでいる阿呆な職場からこんにちは。日曜出勤中の蛹原です。
さっきIMDbをのぞいたら、またクレッチマン氏の新作情報が載ってました。
シベリア横断鉄道で旅行中のアメリカ人夫婦が殺人事件に巻き込まれるという、懐かしの列車サスペンスみたいな話だそうです。…まさかとは思うけど、『シベリア超特急』のリメイクじゃないよね?
主役(?)の夫婦はサマンサ・モートンとウディ・ハレルソンなので、我らがトーマスがどんな役かは分かりません。他にベン・キングスレー御大もいらっしゃいます。

それにしても、また寒冷地要員ですね。
本当に「T.クレッチマンの耐寒映画ランキング」が出来そうです。
2006-12-02

リバティ・ハイツ

本日3時からテレ朝系にて、ブロディ君主演の『リバティ・ハイツ』(日本版DVD未発売、VHSは有)が放送されます。…って、あと一時間じゃないか。最近、CSの放送予定はマークしてたけど、地上波は見過ごしてましたよ。

人種偏見根強い50年代アメリカが舞台の、ユダヤ人兄弟の成長もので、ブロディはお兄ちゃんのほうの役です。
昔、一度レンタルで観ましたが、『サマー・オブ・サム』のパンク野郎や『人質』の殺人犯役と同じ年(99年)にやったとは思えないほど普通の役で、ほんとに巧い役者さんだな~と思ったことを覚えていますが、お話は殆ど覚えていません(おい)。いい機会だから見直そう。
2006-12-01

ふえるふえるDVD

『キング・コング デラックス・エクステンデッド・エディション』(長い!)入手してきました。一緒に『グッドナイト&グッドラック』も。分厚い箱入りDVDばかりで棚が足りなくなってきました。
で、とりあえず封入特典ですが、主要4キャスト+監督のインタビュー主体の割とまともなブックレットとポストカード8枚(内訳はコング1、V-REX1、コングとアン4、コングとV-REXとアン2。人間の男はお呼びでないようです)。
じゃあ中身を観るぞー。
解説によれば未公開シーンはヴェンチャー号関係が多そうなので楽しみです。

ちなみに『グッドナイト~』の特典は、本当に中○新書の『ニュースキャスター』のカバーだけ替えたものだった。なんか妙なレア感
あと、箱とかライナーノーツとかのデザインがすごく良いです。渋い。DVDを取り出している間に50年代へ入れます。
デザインとはこうあるべきだ。人気役者の顔と名前出してれば事足れりと思っている諸メーカーは見習っていただきたい。

そういえば、昨日やっと『ヒトラー 最期の~』の〈終極BOX〉を観終わりました。
結論。「クレッチマンの出番は増えてない。でも買って損は無かった」
詳しい話は後日書きます。
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。