--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-29

好きなものは7割方タネムラ先生に教わった

今日(8月29日)は、敬愛してやまない“怪人タネラムネラ”こと種村季弘氏の2回目の命日でした。といっても、この二年間ポツポツと遺稿が出版されたり単行本が文庫化したり絶版本が復刊したりしていたせいか、いまだに実感が湧かないなあ(まあ、著書でしか知らないので、実感なんて一生湧きゃしないのかもしれませんが)。
私にとって、本と映画と美術と路地裏散策、そして魔法怪物詐欺贋作等、胡散くさくも魅力的なあらゆるものの師匠であります。
伊藤若冲もキング・コングも、タネムラさんが評していなかったら、さほど真剣に観ることはなかったでしょう。(前者は美術評論集『断片からの世界』、後者は映画評論集『楽しき没落』に収録。)

初めて「定価より高い古本」というものを買ったのも、この方のおかげです。
私がハマった頃には著書の多くが絶版状態だったので、古本屋を回るしかありませんでした(ネットショップ等という便利なものは、まだ普及してなかった)。
やっと見つけた定価の倍の文庫本3冊をレジに出すと「中身をご確認ください」と言われ、どこをチェックすればいいのかわからず動揺しながら、とりあえずページが飛んでいないか確認した覚えがあります。そのうちの一冊は最近復刊しましたが、良い思い出だとも。(ちなみに復刊したのはこちらの『食物漫遊記』。この本に収録されている「天どん物語」という一文は、読んでいて底冷えのした唯一の食べ物エッセイです)。
以来、古書漁りが趣味になり、それは今でも続いています。

タネムラ先生に会わなかったら、お金も時間も全く違う使い方をしていただろうな。感謝してもしきれないけれど、恨んでも恨みきれない人とも言えるかもしれません。
スポンサーサイト
2006-08-25

『グッドナイト&グッドラック』DVD

『グッドナイト&グッドラック』DVDが通常版・豪華版揃えて11/22にリリースだそうです
まってました~!
さらに明日(26日)から一週間、新文芸坐で再上映が。
う~む。スケジュールは厳しいけど、もっかい劇場で観ておきたいなあ。でもどうせなら同時上映の『ナイロビの蜂』も観たいしなあ。そうすると仕事の合間では…(ぶつぶつ)

豪華版の特典は、メイキング映像とエド・マロー本人のバイオグラフィ。そして封入特典として「ニュースキャスター エド・マローが報道した現代史」ニューカバーヴァージョン
…えーと、「ニューカバー」という事は、中身は全く同じ本なんでしょうか。すでに持ってるんですが(しかも2冊。父とかぶった)。というか、豪華版を買うような人は9割方持ってやしませんか。
とかいいつつ、そのニューカバーがけっこう楽しみだったりします。角○文庫ならともかく中○新書が映画化にあわせてカバーを替えるなんてことはまずないもんね(オビは付きましたが)。

あとクルーニー監督のコメンタリーもあるんだった。
ここはぜひ「デヴィッドは発情ホルモンが出ていた感じだったね(笑)」(某誌インタビューでの発言)とは具体的にどの辺のことなのか語っていただきたいものです。
2006-08-14

新作情報“The Darjeeling Limited”ほか1件

ブロディ氏がウェス・アンダーソン監督の新作『The Darjeeling Limited』に出演することが、ほぼ決定したようです。
非常に楽しみです。
アンダーソン監督といえば『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』とか『ライフ・アクアティック』といった、好き嫌い分かれそうな妙な作風ですが、私はかなり好き。作り込んだ生活感と、低体温なユーモアがたまりません。
監督はしてないけど製作参加の『イカとクジラ』も面白そうですね~

共演はオーウェン・ウィルソンとジェイソン・シュワルツマン。ブロディ君と合わせて三兄弟の役だそうです。なんて頼りなさげな兄弟だろう。


それと、ヨゼフ・メンゲレがボスキャラのSF映画『ブラジルから来た少年』が、B.ラトナー監督(『X-MEN:ファイナル』)でリメイクされる計画があるらしい。
出るかどうかは別にして、クレッチマンになんらかのオファーが行くことに一票。

今でもクローン技術の倫理問題を云々するときに枕詞のように出てくる「ヒトラーのクローン」話を正面から扱った作品(というか、これが原点なのかな? 映画は78年、原作は76年だし)で、社会派と言えば社会派ですが、カルト系SFサスペンスとして滅法面白いです。
グレゴリー・ペック演じる、独善的でヒステリックかつ妙にやることの細かいメンゲレ博士は恐いというよりウザい悪役でしたが、タイトルロールの「ブラジルから来た少年(達)」つまり総統クローンズは、個人的にはダミアンやサマラより恐い気がする(遺伝子決定論に偏り過ぎるということで批判もされたそうですが)。
ローレンス・オリヴィエ演じる主人公のナチ追及者はじめ、主要キャラが老人ばかりなのが、過去に囚われたり向き合ったりしている人達の話という感じでまた良い。リメイク版で安易に若返らせたりしないでね。

あと、さっき気付いたんですが、クローン技術を解説する生物学者(ちょい役)でブルーノ・ガンツ先生が出ていたりします。
このニュースを聞いて何となく観直してみたら出ていた。何の特典映像かと思ったぜ…
2006-08-01

『ジャケット』DVD

ブロディ君主演の『ジャケット』DVDは10月28日リリースに決まったようです。
しかし、まだ特典内容がわからない。特典によっては米国版を買おうと思っているので、早く知りたいのですが…。

比較したってしょうがないですが、10月26日リリースの『40歳の童貞男』は特典・内容紹介とも、こんなに充実しています
しかし「あわせて買いたい:このDVDとヒストリー・オブ・バイオレンス」っていったい…。
2006-08-01

本当にやってきた40の春

ここしばらく夏バテというか湿気バテで参っていましたが、やっと梅雨が去って人らしい行動がとれるようになりました。ああ、お天道さんはありがたい。

それはそうと、当ブログが昨年9月から注目していた映画『40歳の童貞男(原題:"The 40 Year-Old Virgin")』の日本公開がとうとう決まりました。
「としまえんと岸和田のシネコンでレイトショー」という微妙な扱いですが、ちゃんとスクリーンでやる! しかも邦題は潔く直訳! チケット売り場で何と言えば!
公式サイトはこちら
微妙にネタバレしている著名人コメントを載せてしまう大らかさも素敵です。
しかし、ページ下にある「夫婦50割引」のマークに強烈な違和感を感じるのは私だけだろうか。
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。