--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-01

門前の虎

諸般の事情により完全にタイミングを外してますが、あまりにも内容の濃かった11話については、やはり何かしら語らねばなりますまい。

・晴信が大井様の前で「虎」が付く家臣の名前をズラッと挙げるくだりは、歯切れが良すぎて早口言葉みたいだった。
・氏綱様の遺言は立派すぎて字幕付きでもよく解らない。
・青木大膳が闖入してきたときの、勘助の「めんどくせー」という表情が最高。
・今川家から「身なりを整えて臨むように」と言われていたが、大して変わっていないような気が。
・勘助率いる信虎出迎え隊に入ると、好男子のはずの之政君までガラ悪く見える(あんな連中に老父を託すのは辛いだろうな)。
・たけだけしいたけだけのちゃくなん(猛々しい武田家の嫡男)…

本題にうつります。

スポンサーサイト

続きを読む

2007-03-13

花の欄!

ミツ亡き後(回想がない時は)空席になっていたオープニング映像の「花」の部分に、9話にしてついに新しい名前が!
さらに10話ではミツ(回想)と由布姫を両方とも、重ねずに花の欄にきっちり納めていて、スタッフの心意気を感じました。
担当の方、ミツやんを今でもヒロインポジションに置いてくれてありがとう!

そして岡森諦さん出たー!
と言っても知ってる方はあまりいないでしょうが、太吉役の有馬自由さんと一緒に某劇団の看板しょってる俳優さんで、その昔、私のなけなしのバイト代を小劇場に振り落とさせてくれた方なんですよ。ああ、TVで聞いても良い声だ~
ちなみに、平蔵やんの新マドンナ・ヒサさまのお父上でいらしゃいます。なんか、今後2人の障害になりそうな予感がして気がかりです
ヒサさまのキャラクターも魅力的ですね。ホントに良い娘さんが多いな、このドラマ。
平蔵はこういう優しくて剛胆な美少女に縁があんのか。しかし難儀な相手ばかり好きになる男であることよ…。

続きを読む

2007-02-26

デビュー戦、第8話

面白い。
今更何を言い出すんだと思われましょうが、本当に面白いですよ今回の大河。
策を駆使して大軍を退けたり、その裏を読んで巻き返したりという、戦国ものの面白さが全面に出てきました。

続きを読む

2007-02-25

放浪と問答の第7話

祝 ご登場 幸隆さま!
祝 再登場 平蔵やん!

ところで幸隆さんのお郷、信濃小県には妙な既視感を感じる。
気持ちよさそうな気候で、名馬の産地で、領主は竹を割ったよーな性格で、気丈な美人がいる……あ、ローハンだ。

さて、相変わらずどこへ行っても「武田への恨み」がネックになって仕官に至らない勘助。今回は、その「恨み」に関する三つの見解を、文字通り巡り歩く精神遍歴編。なかなかに考えさせられる第7話でした。
しかし野伏じゃなくて山伏姿になってもやっぱり小汚い勘助さんは、実にらしくて何かホッとします。

続きを読む

2007-02-18

カテゴリ追加

盛り上がりが衰えそうもないので、潔く「風林火山」カテゴリを追加しました。(他のカテゴリもいい加減整理しなきゃな~;)
一年間失速しないように祈ろう。ドラマもウチも(まあウチはどうでもいいんですが)。

そろそろ、近年恒例のサプライズ友情出演が気になります。
『新選組!』にクサナギさん、『義経』に翼、『功名が辻』には唐沢氏が出たのだから、今回もあってしかるべきだ。
ウチの予想は、本命・山口祐一郎氏、対抗・高嶋兄、大穴・一路さま。
あと、スーパーサプライズに上戸ちゃん。
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。