--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-07

新年のご挨拶を

新年もはや一週間となりましたが、年始のご挨拶を申し上げます。

昨年は何に付けても浮き足立っていた1年でした。
今年も、そうすぐに落ち着くとは思いませんが、自分のペースを極力乱さないように過ごしたいと思っております。

具体的に心がけたいのは「変な義務感で読んだり観たりしない」。
昨年は特に、考えなければならない(と思い込んでいる)事が多すぎて、話題の本に手を出してはかえって混乱したり、話題の映画を観ても何の感想も持てなかったりという事の繰り返しだったので、今年は意識的に「再読」「再観賞」を心がけたい。
ずっと好きなもの、自分の根っこになっているもの、あるいは未消化なままに居座っているものを見直して、自分の足元を固める1年にしたいと思います。

やっている過程で、また妙なランキングとかチャートとか作り出すかもしれませんが、そのときはよろしくご笑納のほどを。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
2011-12-31

本当に年の瀬になってしまった

ご無沙汰しております。
というレベルでは済まないくらいの空白期間を経てしまいまして申し訳ありません。
ツイッターを覗いてくださっている方はご存知と思いますが、生きております。
それにしても、年始の挨拶の次が年末の挨拶。
このままだとそうなってしまうかも、とお盆の辺りで思わなくもなかったのですが、どうにもずるずる休んでしまいました。

更新しなかった理由は、一にも二にも仕事が忙しかったからです。
本当に、卒論研究&就職活動の時代まで遡ってもこんなに忙しい1年はありませんでした。
かれこれ1年のご無沙汰をしているわけですが、実は主観的にはせいぜい3ヶ月しか経っていないような気がしているくらいです(それでも十分長いけど)。

まあ、昨年から今年に掛けて公開orDVD発売されたブロディ出演作が、どんな多忙を押しても紹介したいような良作だったら、何か書きにきたかもしれませんが…;;
あ、でもTIFFで「デタッチメント」を観て以来、どうにも未消化だった「エクスペリメント」の意図が、ある程度腑に落ちた感覚があるので、この2作に関しては、いずれ纏めてみたいと思います。

さて今後ですが、仕事のほうは、さすがにこれ以上こういうペースで働くのは無理だということを、自分でも思いましたが整体師さんにきつく指摘されたので、会社とも話し合って少しはまともな時間に帰れるように調整することになりました。
まあ、すぐに変わるとは思えませんが、来年からは少しは更新できるようになると思います。
何かのついでに様子を見にきて頂けたら幸いです。

今年は、震災をはじめ大変な出来事が相次ぎましたし、個人的にもバタバタと過ごしてしまった1年でした。
皆様の中にも生活が変わられた方がいらっしゃるかもしれませんが、来年は少しでも心穏やかに過ごせる日々でありますようにと願っております。

2010-12-31

良いお年を

お正月仕様にしてみたら、あまりにも画面がおめでたくて、今年一年を反省する気分ではなくなってしまった。

能天気にして縁起の悪いICWR年賀メールに始まった2010年も、残すところあと5時間を切りました。
振り返ってみれば、本当に大したことしていない一年だったなあ…。
しかし、ブロディ映画が3作も劇場で観られたという点では充実した年でした(充実していないのは、自分の感想だ)。
とりあえず、年明けの「スプライス」を楽しみに、今年はこれで閉めたいと思います。


それでは、去り行くバニコからもご挨拶を。


上から見ると目つきが悪い…

それでは、皆様よいお年を!
来年はもう少しまとまったものを書きたいと思います(^^;)。
2010-12-06

つぶやきはじめ

いまさらですが、ツイッターを始めてみました。こちらです。同じ名前で出ております。
最近ちょっとまとまった文章を書く余裕がないので、思いつきや短い感想などはこちらに。

覚え書きみたいなものですが、お暇な時に覗いていただけたら嬉しいです。

2009-08-23

ご無沙汰のお詫び&近況など

どうもお久しぶりです。蛹原です。

気がつけば、ほぼ一年半のご無沙汰になってしまいましたが、生きております。
しかし、実は本当に死ぬかもしれないという経験をしてきてしまいました。
まあ要は、年間90万件以上起こっている交通事故の一件に遭ったということで、客観的に見れば命に別状は無かったんですが、利き手(というか利き側)に後遺症が残る可能性はあったので主観的には死活問題だったり、相手がいることなので何かと面倒だったり、ちょうど失業中だったり、リハがしんどかったり、『NEXT』が予想以上にアレだったり(同等かい)で、精神的にも少々滅入っていました。
ともあれ今では(こんな御時勢に申し訳ないようですが)仕事も見つかり、普通に暮らせています。

そんなわけで当ブログは、泣き言以外書くことがなさそうだったのと単に億劫だったのとで長々休止してしまっていましたが、日本では久々のブロディ映画『キャデラック・レコード』も公開したし、クレッチマンの出演作は着々とDVDスルーしているし(これとかこれとか、ものものしい邦題のこれとか)、ぼちぼち復帰しようと戻って参りました。

といっても体力は落ち(怪我のせいか年のせいか微妙ですが)、療養中にサボり癖もついてしまったので、以前にもまして更新が遅くなりそうですが、枯れ木も山の賑わいと思って今後もお付合いいただけたら嬉しいです。
プロフィール

蛹原タオ

Author:蛹原タオ
sanagihara☆yahoo.co.jp
属性:書痴画狂・犬派・虫キチ・不定形生物好き
趣味:映画・演劇・古書漁・動植物観察
好き役者:A.ブロディ、T.クレッチマン、B.D.ハワード、J.イェンチ他
好き作家:稲垣足穂、種村季弘、たむらしげる、手塚治虫
座右の銘:三十六計逃げるにしかず
*06年3月15日以前のログはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。